【MTGデッキ案内】アドバンテージを稼ぎながらパワーで押す!『ティムールアドベンチャー』デッキの紹介

【MTGデッキ案内】アドバンテージを稼ぎながらパワーで押す!『ティムールアドベンチャー』デッキの紹介
ありまろ
みなさんこんにちは、arimaroです!

『エルドレインの王権』環境はスタンダードも色々な動きがあり、そろそろ落ち着いてメタが回り始めています。

ちょうどこの記事が上がった頃に、今年最後の大きい大会である「The Finals 2019」も開催され今年の集大成も楽しめたのではないでしょうか!
The Finals 2019:MTG公式

そんな中、個人的に最近使用しているデッキが面白かったので紹介したいと思います。
紹介するデッキは『ティムールアドベンチャー』になります。

 

デッキ紹介

ソーサリー(4)
4 ドムリの待ち伏せimage
アーティファクト(3)
3 エンバレスの宝剣image
プレインズウォーカー(4)
4 王家の跡継ぎimage

 

 

Advertisement

デッキ内容

今回のデッキはネットで見かけたデッキとなります。
王家の跡継ぎimage】が好きだったので非常に惹かれるリストで使ってみると楽しかったので(ティムールカラーも好き)紹介したいと思います。

デッキ名にもあるように今回の『エルドレインの王権』で生まれたアドベンチャーを使用した攻撃的なデッキとなっています。
そしてアドベンチャーといえばいつものおなじみのお店【エッジウォールの亭主image】がにこにこして出迎えてくれます。


※いつでも笑顔で出向かてくれる!

 

そのエッジウォールに訪れる客として採用しているのが下記メンバー


リムロックの騎士image
2マナ3/1、ブロックできない攻撃特化クリーチャー。
強化呪文の出来事付きなのも攻撃的で特化感がすごい!
1ターン目【エッジウォールの亭主image】2ターン目【リムロックの騎士image】という攻めつつ手札を補充できる動きは強力。

エンバレスの盾割りimage
2マナ2/1の攻撃力高めのクリーチャー。
これまた2ターン目にドローしつつ展開したい。
出来事呪文でアーティファクトに対応できるのも優秀!

砕骨の巨人image
最近よく見かける巨人。
ショック内蔵で器用に使用でき、3マナ4/3という優秀なパワーも持っているのでデッキに重要なカード!
呪文の対象になったときに2点ダメージ飛ばせるのも地味ながら嬉しい。

恋煩いの野獣image
アドベンチャーデッキに引っ張りだこの野獣。
3マナ5/5は驚異的なマナレシオなのでこのデッキでも大活躍してくれます。
ブロッカーとしては1/1がいなくても働いてくれるのもエライ!

上記メンバーを【エッジウォールの亭主image】を出した後に展開できるとアドバンテージ面で有利に立ちまわることができます。

 

その各クリーチャーをサポートするのが【王家の跡継ぎimage】や【エンバレスの宝剣image】となっています。


※共にトランプルを付与出来て突破力高め!

 

マナカーブ通りに動くことができれば、1ターン目【エッジウォールの亭主image】2ターン目【リムロックの騎士image】3ターン目【王家の跡継ぎimage】で強化してパンチ!という大ダメージを狙えるのも可能となっています。

軽いクリーチャーが多いので【エンバレスの宝剣image】のマナコスト軽減もやりやすいのが特徴!

 

序盤はアドバンテージを稼ぎながら相手のライフを奪っていき、中盤以降は【探索する獣image】や【スカルガンのヘルカイトimage】で一気に攻め立ててゲームエンドに持ち込みましょう。


※この2体の攻撃力は最高!

 

また相手の邪魔なクリーチャーやプレインズウォーカーは【ドムリの待ち伏せimage】で強化しつつ処理することができます。

 

デッキコンセプトは序盤から中盤、終盤にかけてひたすら相手を攻め立てるデッキとなっています!
個人的には【王家の跡継ぎimage】がしっかりと活躍してくれるのが嬉しい!

もっと活躍してくれ!

 

 

Advertisement

サイドボード

メインでは青のカードが【王家の跡継ぎimage】のみとなっていますが、サイドボードにはしっかりと青いカードが採用されています。

主なデッキへの対策として

『サクリファイス系』


焦熱の竜火image】→【大釜の使い魔image】を追放
否認image】→【魔女のかまどimage】【パンくずの道標image】等に対応
等々

 

『ランプ系』


焦熱の竜火image】→【発現する浅瀬image
軽蔑的な一撃image】→【茨の騎兵image】【世界を揺るがす者、ニッサimage
等々

 

『フラッシュ系』


焦熱の竜火image】→【塩水生まれの殺し屋image】【老いたる者、ガドウィックimage
否認image】→ 相手のカウンターをカウンター!
変容するケラトプスimage】→ カウンターされない!
目覚めた猛火、チャンドラimage】→ カウンターされない!
等々

 

『ファイアー系』


軽蔑的な一撃image】→【創案の火image】やそこから出てくる大型クリーチャー
否認image】→【創案の火image】【轟音のクラリオンimage
等々

 

『アドベンチャー系』


焦熱の竜火image】→【エッジウォールの亭主image
燃えがら蔦image】→ 出来事全般でダメージを稼げる
等々

 

上記に最近流行っているデッキへの対策カードを記載していますが、サイドボードはメタによって変更していくのでそれぞれのメタに合わせて変更してみてください。

 

 

Advertisement

デッキを使用した動画

 

 

まとめ

今回は『ティムールアドベンチャー』デッキの紹介になりました。
パワーもあってマナカーブ通りに動けると非常に気持ちの良いデッキになっていますので是非興味のある方はお試しください。

個人的にはカラーも好きで【王家の跡継ぎimage】も好きなのでドストライクなデッキでした!

 

2019年の大きな大会は「The Finals 2019」で最期でしたが、また来年から新しいデッキが出てくることを楽しみにしておきましょう!

なんといっても前回は環境ギリギリで【隠された手、ケシスimage】デッキが飛び出してきたので今回も最後に凄いデッキが出てくることに期待したいですね!


※このデッキは衝撃だった!

 

まだまだ未知なるデッキとの出会いを楽しみにしながらMTGを楽しんでいきましょう!

それではまた次回!

 

 

スタンダードカテゴリの最新記事