ミシックチャンピオンシップの上位デッキはいくらで作れる?平均金額を見てみよう。

ミシックチャンピオンシップの上位デッキはいくらで作れる?平均金額を見てみよう。
スマートフォン用の画像


ありまろ
みなさんこんにちは、arimaroです!

 

MTGアリーナでMTG人口が増加しているように感じるこの頃ですが。
不思議なものでMTGアリーナをやっていると紙のマジックの方にも興味が湧いてきて、MTGアリーナだけではなく、テーブルトップのマジックもやってみようと考える人がいることかと思います。

Trampleメンバーの「ありまろ」と「アレン」もテーブルトップのマジックでスタンダードやモダンに参入しようか考え中です・・・やはり紙で遊ぶのも最高!

 

そんなテーブルトップのマジックに参加するには初期投資がどのくらいあればデッキが組めるの?

と疑問になる方もいるかと思いますので(自分達が知りたいという理由もあり)今回テーブルトップのマジックを始める際にかかる費用を記事にしました。
※wisdom-guildからのトリム平均を参考にした価格になっています。

 

シミック・ネクサス

まず初めに直近の大型大会である「ミシックチャンピオンシップⅢ」で栄えある優勝を果たしたMatias Leveratto選手のシミック・ネクサスを見てみましょう。

 

デッキリスト&価格は以下の通り。

土地(26)

枚数 カード名 トリム平均(6月25日現在) 合計
5
5
4 繁殖池 1,825 円 7,300円
4 内陸の湾港 728円 2,912円
3 爆発域 733円 2,199円
3 天才の記念像 31円 93円
1 総動員地区 133円 133円
1 シミックのギルド門 21円 21円

土地合計:12,658円

 

インスタント・ソーサリー(21)

枚数 カード名 トリム平均(6月25日現在) 合計
4 選択 54円 216円
4 成長のらせん 47円 188円
4 根の罠 14円 56円
1 一瞬 27円 27円
1 無神経な放逐 21円 21円
3 薬術師の眼識 125円 375円
4 運命のきずな 2,475円 9,900円

エンチャント(7)

枚数 カード名 トリム平均(6月25日現在) 合計
3 アズカンタの探索 2,133円 6,399円
4 荒野の再生 86円 344円

プレインズウォーカー(6)

枚数 カード名 トリム平均(6月25日現在) 合計
2 覆いを割く者、ナーセット 724円 1,448円
3 伝承の収集者、タミヨウ 400円 1.200円
1 世界を揺るがす者、ニッサ 1,231円 1,231円

呪文合計:21,405円

総合計:34,063円

 

サイドボード(15)

枚数 カード名 トリム平均(6月25日現在) 合計
4 楽園のドルイド 55円 220円
3 否認 31円 93円
2 繁茂の絆 33円 66円
2 押し潰す梢 16円 32円
3 生体性軟泥 742円 2,226円
1 世界を揺るがす者、ニッサ 1,231円 1,231円

合計:3,868円

※灯争大戦のPWは日本人イラストレーターのイラストもあるためトリム平均が高めになっている可能性あり。

 

「シミック・ネクサス」は平均価格合計34,063円で作成することができます。
この価格で世界チャンピオンのデッキが作ることができるんですね。

ちなみに合計価格の約3分の1は土地の値段になっているので、土地をどう集めるかが非常に重要になりそうです。
ただ、土地は1度買うことで他のデッキでも使い回すことができるのも強みなのでそこは計画的にというころでしょうか。

リアルもマジックも土地は資産ということですね!

 

 

 

Advertisement

エスパーヒーロー

続いては同大会にて準優勝を飾ったBrad Nelson選手のエスパーヒーローを見てみます。

デッキリスト&価格は以下の通り。

土地(26)

枚数 カード名 トリム平均(6月25日現在) 合計
1
1
4 水没した地下墓地 754円 3,016円
4 氷河の城砦 673円 2,692円
4 神無き祭殿 1,255円 5,020円
4 神聖なる泉 1,398円 5,592円
4 孤立した礼拝堂 510円 2,040円
4 湿った墓 2,260円 9,040円

土地合計:27,400円

 

クリーチャー(9)

枚数 カード名 トリム平均(6月25日現在) 合計
4 第1管区の勇士 301円 1,204円
3 精鋭護衛魔道士 28円 84円
2 人質取り 549円 1,098円

インスタント・ソーサリー(11)

枚数 カード名 トリム平均(6月25日現在) 合計
4 思考消去 152円 608円
3 暴君の嘲笑 53円 159円
2 灯の燼滅 33円 66円
1 屈辱 46円 46円
1 戦慄衆の指揮 105円 105円

エンチャント(3)

枚数 カード名 トリム平均(6月25日現在) 合計
3 ケイヤの誓い 72円 216円

プレインズウォーカー(11)

枚数 カード名 トリム平均(6月25日現在) 合計
4 時を解す者、テフェリー 2,384円 9,536円
3 覆いを割く者、ナーセット 724円 2,172円
4 ドミナリアの英雄、テフェリー 5,480円 21,920円

呪文合計:37,214円

総合計:64,614円

 

サイドボード(15)

枚数 カード名 トリム平均(6月25日現在) 合計
2 強迫 40円 80円
2 ドビンの拒否権 122円 244円
2 古呪 210円 420円
1 アルゲールの断血 73円 73円
1 灯の燼滅 33円 33円
2 肉儀場の叫び 53円 106円
2 ケイヤの怒り 222円 444円
2 永遠神の投入 161円 322円
1 戦慄衆の指揮 105円 105円

合計:1,827円

 

「エスパーヒーロー」は平均価格合計64,614円で作成することができます。
「シミック・ネクサス」よりも大分高額になりましたが、原因はデッキが3色カラーというのが大きいかもしれません。
3色になると土地の価格が大分増えるので高額になりました。

また、最高額のレアである【 ドミナリアの英雄、テフェリーimage】が4枚採用されているのも高額の理由になります。

ただエスパー系は強い分人気もあり、「ミシックチャンピオンシップⅢ」では最大勢力となっていたので思い切って最初に強力なデッキを作り参入するのも1つだと思います。

 

 

 

Advertisement

赤単アグロ

最後に同大会トップ4入賞のShahar Shenhar選手の赤単アグロの価格を見てみましょう。

デッキリスト&価格は以下の通り。

土地(20)

枚数 カード名 トリム平均(6月25日現在) 合計
20

クリーチャー(19)

枚数 カード名 トリム平均(6月25日現在) 合計
4 ギトゥの溶岩走り 36円 144円
3 狂信的扇動者 30円 90円
4 遁走する蒸気族 210円 840円
4 ヴィーアシーノの紅蓮術師 48円 192円
4 ゴブリンの鎖回し 213円 852円

インスタント・ソーサリー(15)

枚数 カード名 トリム平均(6月25日現在) 合計
4 ショック 36円 144円
4 稲妻の一撃 40円 160円
4 舞台照らし 408円 1,632円
3 魔術師の稲妻 87円 261円

エンチャント(4)

枚数 カード名 トリム平均(6月25日現在) 合計
4 実験の狂乱 287円 1,148円

プレインズウォーカー(2)

枚数 カード名 トリム平均(6月25日現在) 合計
2 炎の職工、チャンドラ 566円 1,132円

総合計:6,595円

 

サイドボード(15)

枚数 カード名 トリム平均(6月25日現在) 合計
4 溶岩コイル 148円 592円
3 凶兆艦隊の向こう見ず 1,014円 3,042円
3 軍勢の戦親分 1,164円 3,492円
2 火による戦い 43円 86円
2 無頼な扇動者、ティボルト 66円 132円
1 炎の職工、チャンドラ 566円 566円

合計:7,910円

 

結果はメインデッキは平均価格合計6,595円という他2つのデッキに比べてかなり安価で作成することができます。
というよりサイドボードのほうが価格が高いのがビックリでした。

「赤単アグロ」はまず土地にお金がかからないというのが一番のポイントになるかと思います。

 


また、チャレンジャーデッキという構築済みデッキ商品の稲妻の猛攻にほとんどのパーツが含まれているというのも安価の理由の1つになります。
手早く初めたいという方は「稲妻の猛攻」を購入するのも1つの手段かと思います。

日本公式:『チャレンジャーデッキ2019』

 

 

まとめ

今回はテーブルトップのマジックでのデッキ費用についての記事になりました。

個人的にはデッキによってかなり差が出るのが面白いなぁという印象。
MTGアリーナだと全てのレアの価値が等しいので作りやすい反面、ニッチなカードというのを作ることに躊躇する場面もあります。

 

また、紙の場合は品が手に入るので後からいらなくなったカードはトレードするなり売るなりできるのが魅力的ですね。

スタンダードで遊ぶ場合の1つ注意点としては、今度の「基本セット2020」によってカードの価値の変化が起こる可能性があるということと、「基本セット2020」の次のエキスパンションがリリースされるタイミングで「基本セット2019」「イクサラン」「イクサランの相克」「ドミナリア」がスタンダード落ちで使用できなくなる点に注意すると良いです。

 

ただスタンダードで使用できなくなった場合も、モダンではローテーションが無いので安心して同じカードで遊ぶことができるのも魅力的!

今回参考に載せたデッキ以外のデッキも色々なデッキがあるので、テーブルトップのマジックに参入する際は色々なデッキを検討すると良いかと思います。

 

我々も今回の記事を参考にしてお財布と相談しつつ参戦を考慮したいと思います!

それではいつかテーブルトップのマジックでお会いしましょう!

 

 

コラムカテゴリの最新記事