【おすすめデッキ紹介】二撃必殺!【ジェスカイコントロール】

【おすすめデッキ紹介】二撃必殺!【ジェスカイコントロール】

こんにちは!Allenです。

今回は白青赤のジェスカイコントロールの記事を紹介します。
12月14~16日に開催されたワールド・マジック・カップ2018で優勝したフランスチームのデッキです。

 

 

デッキを使用した動画

 

ジェスカイコントロールのフィニッシャーの選択は様々なパターンがありますが、今回紹介するデッキではボードコントロールをしつつ【火による戦いimage】と【発展+発破image】で10点ダメージ×2回を与えるのを目指すことになります。

 

デッキ紹介

デッキ内容は以下の通りです。(日本語のみ表記)

Jeskai Control

 

各カードの役割


このデッキにはクリーチャーを採用していません。
火による戦いimage】のキッカーコストを支払い10点ダメージをプレイヤーへ。そしてそれを【発展image】でコピーして20点ライフを一気に削るのがメインの勝ち方になります。
発展image】の効果は点数で見たマナ・コストが4以下のインスタント・ソーサリースペルをコピーする。とありますがキッカーコストを支払っても、【火による戦いimage】の点数で見たマナ・コストは3のままなのでコピー可能です。

 

20点ダメージを与えるには11マナ必要になるので、デッキ内の残りのカードを駆使してひたすら時間を稼ぎましょう!

 

 


プレインズウォーカー二種は追加のフィニッシャー&ドローソース&除去として使用できます。それぞれ単体で強力なカードなので非常に頼りになります。

 

 


通常のコントロールよりも更に土地を毎ターンセットし続けることが重要になります。

 

活力回復image】はライフを3点回復し時間を稼ぎつつ1ドロー。【薬術師の眼識image】は2ドローを2回、どちらも4枚ずつ採用されています。

 

 


コントロールデッキには諜報のついている【悪意ある妨害image】が優先されがちですが今回のデッキでは【イオン化image】を採用しています。ライフ回復された場合や【発破image】のX点ダメージ+【火による戦いimage】の10点で11マナに届いていない状況でも勝ちやすくするためだと思われます。
後は序盤にも使いやすい【否認image】【中略image】を1枚ずつ採用しています。

 

 


数に対抗するために優秀な軽量全体除去の【轟音のクラリオンimage】をフル投入し、【残骸の漂着image】は複数体でのアタックや【殺戮の暴君image】へ使用します。

 

 


単体除去枠の4枚のカードは全て追放除去となります。除去範囲が広い除去を散らして採用してあります。

 

 


序盤に使った【火による戦いimage】や【発展+発破image】を回収したり、Ⅲ章の効果で最速で9ターン目に20点ダメージを与えることが可能になります。
赤単などのアグロデッキとの対戦では【活力回復image】を手札に戻す事で時間を稼ぎ、一発逆転をできるようになります。

 

 

 

まとめ

11マナ揃うまで耐えつつ【火による戦いimage】と【発展+発破image】をドローカードで探します、どれだけ劣勢でも対戦相手のデッキが回復・カウンターを採用していないデッキであれば、11マナと上記2枚が揃えば勝利できるのがとても魅力的です。
1ターンの隙があれば一撃で勝負を決められるので、コントロール同士でも戦いやすいと感じました。

この二枚をフィニッシャーにした別パターンのデッキも作ってみる予定です!

 

 

インポート用データをダウンロード

以下にインポート用のテキストを掲載してあります。

 

 

 

 

スタンダードカテゴリの最新記事