【デッキ紹介】アブザン(白黒緑)ミッドレンジ

【デッキ紹介】アブザン(白黒緑)ミッドレンジ

今回はアブザン(白黒緑)ミッドレンジデッキ紹介になります。
※MTGでは色の組み合わせで呼ばれる名前が決まっています。

 

 

デッキを使用してのプレイ動画

これらのデッキを使用してのプレイ動画もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

デッキ内容は以下の通りです。(日本語のみ表記)

 

 

デッキ紹介

 

Abzan Midrange

インスタント(3)
3 暗殺者の戦利品image
ソーサリー(2)
2 採取+最終image
エンチャント(1)
1 最古再誕image
プレインズウォーカー(4)
2 秘宝探究者、ヴラスカimage
2 ビビアン・リードimage

このデッキは序盤を探検持ちのクリーチャーで土地を確保したり、パワーアップした状態のクリーチャーでしのぎ、後半はプレイズウォーカー等のパワーカードを出して戦場をコントロールしながら勝利を目指す中速デッキになります。

 

 

序盤 1~3ターン目

マーフォークの枝渡りimage】【探求者の従者image】【翡翠光のレインジャーimage】の三種の探検クリーチャーで積極的に土地を引きに行きます。

場と手札の土地次第では【秘宝探究者、ヴラスカimage】等の重いカードは墓地へ送りましょう。
野茂み歩きimage】は序盤のブロッカーにもなり、除去されずに生き残った場合には探検クリーチャーを出す事によって、簡単にサイズアップ&回復をでき、アタッカー・ブロッカーとして序盤から中盤にかけて活躍できます。

相手のデッキにもよりますが、クリーチャーデッキ相手だと序盤から中盤にかけては攻撃はあまりしません。5ターン目以降に本領発揮するデッキとなっています。

 

 

 

中盤 3~4ターン目

貪欲なチュパカブラimage】【秋の騎士image】等でアドバンテージを取る動きをできれば理想的です。

また5マナ以降はプレインズウォーカーを出す事も考え、ブロックせず次のターンにクリーチャー残すプレイも大切です。

 

 

 

終盤 5ターン目以降

黎明をもたらす者ライラimage】【秘宝探究者、ヴラスカimage】をプレイできるようになり、攻撃に回るようになります。
また相手の攻撃が激しい状況でも【ゴルガリの拾売人image】を出して、ブロッカーを手札に戻し、そのまま戦場に出したり、【秋の騎士image】で回復を行うことも可能です。

 

 

マリガン基準

土地二つ以上探検クリーチャーが手札にあればキープします。

三色デッキなので何よりもマナ基盤が大事となります。

 

 

 

インポート用データをダウンロード

インポート用のテキストはこちらからダウンロードできます。

 

 

 

スタンダードカテゴリの最新記事