MTGアリーナで遊べる「フォーマット(スタンダード戦やイベント戦)」紹介

MTGアリーナで遊べる「フォーマット(スタンダード戦やイベント戦)」紹介

MTGにはフォーマットという遊び方の種類があります。
ここではMTGアリーナで遊べるフォーマットを紹介していきます。

 

MTGAでは構築戦の「スタンダード」シングルトン」と、限定戦の「リミテッド」という2つの遊び方(イベント)が存在します。

 

スタンダードについて

MTGで一番遊ばれているフォーマットだと思います。

直近に発売された新しいカードパックを使ってデッキを作る遊び方です。
MTGAだとPlayを押したときにフォーマットを選べる画面になり、この中のLadderConstructed Eventというのがスタンダードの対戦になります。

 

使用可能なセットは直近2年に発売された5~8つの基本セットまたはエキスパンションで、秋のエキスパンション発売(9~10月頃)に合わせて1年ごとにローテーションし使用可能セットが入れ替わっていきます。
基本的には発売されたエキスパンションは2年程度スタンダード構築で使えることになります。

現在のスタンダードフォーマットで使用できるエキスパンションはMTGAでもおなじみの5つになります。

  • イクサラン
  • イクサランの相克
  • ドミナリア
  • 基本セット2019
  • ラヴニカのギルド
  • ラヴニカの献身

※エキスパンション/Expansionは、マジックのカード・セットで、基本セット以外でスタンダードフォーマット用に発売されるセットの呼称。

 

 

 

シングルトンについて

ハイランダー戦と呼ばれ、基本土地カード以外のカードを各1枚しか入れることができないルールでデッキを組んで戦うイベントです。(デッキ枚数は60枚)
スタンダードのデッキとは別に、シングルトン用にデッキを作る必要があります。

※その場合はどれがシングルトンのデッキか忘れないようにしましょう!

 

 

 

リミテッドについて

リミテッド未開封のパックから出てきたカードと任意の枚数の基本土地カードのみを使ってその場でデッキを構築して対戦するフォーマットです。

 

リミテッドは2種類あります。

自分が開封した6パックのカードを使用して戦う【シールド】

カードパックを開け、そこからカードを1枚ずつ選び(ピックするといいます)次の人に回すのを繰り返して、自分が使うカードを決定する【ブースター・ドラフト】
※ブースタードラフトはMTGAでは自分以外がコンピューターのピックになっています。

この2種類がMTGAには用意されています。
どちらもイベントとして用意されており参加費がかかりますが、ある程度勝利できると元が取れ商品ももらえるので資産を稼ぐにはよいイベントになっています。

 

MTGのリミテッドは非常に人気のあるフォーマットです。

その場で与えられたものでなんとか構築をするので、スタンダードでは使わない新しいカードの可能性が見えたりする時もあります。
また、構築とは違い除去呪文なんかを必ず入れられるわけではないので、コンバットが大事になってくるのでコンバットの勉強にもなります。

リミテッドを上手くなって、目指せ資産ガッポガッポ!!

 

 

MTGAイベントは別途解説記事がありますので詳しくはそちらをご覧ください。

画面・システムカテゴリの最新記事